ネット上の嫌がらせに苦慮したとき、自分が何に困っていて、何がイヤなのかを表明することは、それ自体がセキュリティホールになり、自分を攻撃したい人間にとってもそれは貴重な情報だったりします。こういう自縛の構図、何かやり返そうにもそれが相手のエサにしかならない構図の話はキャシー・シエラの文章にも書かれており(例えば、掲示板などの削除要請をしたら、その削除要請をしたこと自体がやましさの証拠とみなされ、攻撃に正当性が付加されてしまうなど)、苦々しくも懐かしい気持ちで読みました。

111 notek

鬼平がめっちゃいいこと言ってるからメモしとく。

「死ぬつもりか。それはいけない。どうしても死にたいのなら、一年後(のち)にしてごらん。一年も経てば、すべてが変ってくる。人間にとって時のながれほど強い味方はないものだ」

1 674 notki

土井たか子である。

金正日が拉致を自白するまでは、

「横田めぐみさんの両親が孤独な戦いを強いられている時に在日は夜でも
 集団で自宅におしかけ、石を投げ窓を割り大声で脅迫まがいのことをする。
 無言、脅迫電話も日常的である。脅迫を恐れ公共施設に利用を断られたり
 しながら細々続けている集会にも在日は木刀で武装して集団で襲撃する。」

という状況だったという。それを土井たか子は高笑いして見ていたことになる。

横田めぐみだけではない。
デンマークで拉致された元神戸市外大生の有本恵子らの事件などはもっと酷い。

有本らの拉致から数年が経過したある日、
有本と一緒に拉致された友人・石岡から札幌市内の家族に手紙が届いた。
その手紙により、有本ら拉致被害者3人が『北朝鮮にいること』が判明した。

札幌の家族から連絡を受けた有本の母は自宅の神戸市に近い兵庫県西宮市の
土井事務所へ相談したが、その後、土井事務所からは何の連絡もなかった。

 そして手紙が届いてから、わずか2ヶ月後、
  突然有本ら3人の『同時処刑』が報じられたのである。


日朝関係筋によれば、「石岡らが内密に日本の家族へ手紙を送ったこと」が、
土井事務所から朝鮮総連を通じて北朝鮮本国に報告され、処刑に至ったということだ。

ちなみに石岡の家族も地元の社会党に相談したが、
その際に「口外しないように」とだけ念を押されたという。


北朝鮮の内情をよく知る土井は、有本らが勝手に手紙を出したことが
北朝鮮にバレれば処刑されることは当然知っていたはずである。

つまり、有本ら3人が殺されると知っていて密告したのである。


そんな奴を“政界のマドンナ”と持ち上げて人気を煽るTBSや朝日などのマスコミ、
特に左翼寄りニュースの代表格ともいえる『ニュースステーション』などで
土井への献金を「頑張れおタカさん基金」として振込先のテロップ付きで募集していたことは
既に説明した北朝鮮に支配されているメディア構造の証左といえるだろう。


社民党はこのように拉致被害者の遺族の活動を妨害したり、手紙が届いたことを北朝鮮に
密告したりするだけでなく、日本の国会議員なのに工作員の釈放運動に署名する者までいる。

つまり、はっきり見てとれる危険な政党の一つなのである。

特に土井たか子辻元清美、大島令子、渕上貞雄、金子哲夫、田英夫などには
気をつけなければならないだろう。
 

47 notek

ホメオパシー「エボラ対策のレメディには感染者の血液か唾液を使え」 http://edzardernst.com/2014/08/homeopaths-certainly-help-to-make-the-world-a-more-scary-place/ … もうテロリストやんこの集団


@DrMagicianEARL これ元記事は「Naturla News」です。非難殺到で記事削除&言い訳逃亡しております。http://blogs.naturalnews.com/treating-ebola-homeopathy/ …

16 notek