何年か前、アトランタでE3が開かれた時の事です。我々が宿泊していたホテルのスポーツバーに行ったらば、そこでは「カラオケ・ナイト」という催しが行われていました。バーといっても、小さな体育館ほどもある巨大な場所で、そこにステージがしつら設えてあり、いわゆるカラオケ・パブ式に客が唄うシステムです。E3に訪れたゲーム業界関係者が、次から次へと唄っているようです。
さすがショービジネスの国、アメリカ。素人のカラオケといっても侮れません。難易度の高いマーヴィン・ゲイの歌を、高らかに唄いこなす太っちょの黒人を見た時は、カラオケ発祥の地のプライドが燃え上がり――後先考えず、曲をお願いしてしまったのです。歌は「スリラー」。

大喝采です! さっきの超絶に上手かったマーヴィン・ゲイが、すれ違いざまに「ギブ・ミー・テン!」と声を掛けてきます。もちろん、それに応えて両手を突き出し、頭上で手を合わせます。

その後、自分の席の周辺に居たアメリカ人の女の子――私がマイケル・ジャクソンのゲームを作ったと知っている娘なのですが、その子が声を掛けてきたので「このスリラーは、マイケルに習ったんだよ」とテキトーな事を言ったら、本気で信じてしまい、目を潤ませていたんですが……いやはや、マイケル様様ですね。

9 notes

  1. kisaragitsunashi reblogged this from megane4141
  2. rairaiken424 reblogged this from petapeta
  3. toshi0104 reblogged this from peckori
  4. peckori reblogged this from petapeta
  5. zaki123 reblogged this from megane4141
  6. teokure reblogged this from megane4141
  7. megane4141 reblogged this from petapeta
  8. petapeta posted this